« 昔の歩き方(歩兵操典で行進を調べる) | トップページ | 本の紹介 »

2010年2月21日 (日)

明日は何の日?

2月22日は竹島の日である。

不覚にも知らなかった。

竹島はわが国固有の領土であるにも係らず、韓国により不法占拠されている。

作家で元外務省主任分析官の佐藤優氏の言

「腰抜け外務省のへなちょこ外務官僚どもは、竹島問題に極力焦点が当らぬように

隠蔽工作を続けている。許しがたい。」(週刊新潮より)

昨日 ちくま文庫「日本海海戦の深層」別宮暖朗著を読み終わったのだが 

東郷平八郎に関するエピソード中以下のような事が書かれていた。

ハワイ王国が違法に白人の共和国にされ米国に合併させられる直前

1893年、東郷は巡洋艦浪速艦長として邦人保護の為 同地に派遣された、

そのおり ある邦人青年が捕吏に追われ「浪速」に逃げ込んだ。

東郷は 共和国側捕吏の引き渡し要求を拒絶。

軍艦の中は 日本領土と同じで ハワイ共和国の主権は及ばないのである。

しかし ホノルル総領事藤井某は東郷に 青年の共和国側への引渡しを求めた。

藤井某は共和国にコネを持ち それを梃子に 自身の利益を考えていたと

いわれる人物。

藤井某は 本国外務省を通じ 海軍にも圧力をかけ 東郷に命令を出させたので

やむなく青年を引き渡すことになったのだが 外務省は110年経ってもちっとも

変わってないだけでなく もっと悪くなっているのではないか。

外国のことが好きで 勉強して外務省に入り 日本より外国が好きになってしまって

いるので 日本の国益を考えられなくなっているんでしょうか?

「日本海海戦の深層」は 大変面白い内容であったので 後ほど紹介する。

|

« 昔の歩き方(歩兵操典で行進を調べる) | トップページ | 本の紹介 »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明日は何の日?:

« 昔の歩き方(歩兵操典で行進を調べる) | トップページ | 本の紹介 »